横浜は関内・桜木町エリアにある絵画教室です。日本画教室、銅版画教室、人物クロッキー・デッサン会、こども向けの教室などを開講しております。

電話受付時間 [月~金]13:00~20:00
[土]9:00~18:00
[日]10:00~16:00

アトリエ吉田町 045-252-7240

Blog
ブログ

2018.10.21イベント

★ワークショップ情報★模写から描く墨絵

IMG_0077
東洋画の伝統画材である墨を、
古典作品の模写を通して体験します。

※掲載画像:俵屋宗達「犬図」模写より。(墨と顔彩にて彩色)

■日時: 
2018年11月16日(金)
(1)10:30~12:30
(2)13:00~15:00
※どちらかお好きな時間帯をお選びください。

■場所: アトリエ吉田町 あべ日本画研究室
(横浜市中区吉田町10齋藤ビル5階502)
http://art-yoshidamachi.com/

■内容:
俵屋宗達、伊藤若冲、円山応挙、速水御舟等の水墨画作品の中から好きなものを選び、
画仙紙(にじむ紙)または鳥の子紙(にじまない紙)に墨で模写をします。

墨だけでなく、水彩絵の具や顔彩を使って色を添えたり、一部アレンジを加えてもOK。
作品の世界を堪能しながら、楽しんで絵にしていきましょう。

※墨は、植物油や松の木を燃やしてできた煤(すす)を、膠(にかわ)で練り固めて乾燥させたものです。
 水分調節によって濃淡の幅ができ、使う和紙の種類によっても色々な表情を見せてくれます。

■持ち物:
使ってみたい墨をお持ちの方は、硯とともにご持参下さい。

<お教室でご用意するもの>
・水墨画用の和紙(画仙紙/鳥の子紙):F5サイズ(35センチ×27センチ)を予定
・墨汁、墨
・水彩絵の具または顔彩(部分的に着彩する時に使用します)
・筆類、筆洗器等
・下敷き用のフェルト布
・鉛筆1本、ねりゴム(下描き用)
・絵皿、梅皿(プラスチックの花型パレット)、水差し等
・モチーフ(模写が早く完成した方用。花・植物を予定)

■参加費: お一人 4000円

■お申込みについて:
 参加ご希望の方は、11月12日(月)までに、
 下記までお申込みください。

■お問い合わせ:
あべ日本画研究室講師 阿部道子
・電話 : 045-252-7240 (アトリエ吉田町)
・メール: m-abe@yoshidamachi.net

アトリエ吉田町